本文へスキップ 

TEL. 0823-72-2525  FAX.0823-72-2526

〒732-0112 広島県呉市広古新開4丁目1−1

呉商日記呉商日記

平成30年2月

H30.2.26  台湾研修旅行事前学習(中国語講座)

 台湾研修旅行を10月に控えた1年生の生徒を対象に,外部講師による中国語講座を実施しました。
○講 師 中国語通訳 丸田 華 先生

授業では,中国語の発音の仕方や挨拶の言葉など,基本的な内容を学習しました。

 後半には中国語で自己紹介を行ったり,日本のアニメについて現地の高校生と会話する設定のロールプレイを行ったりと,楽しく中国語について学ぶことができました。

H30.2.15  1学年進路ガイダンス

  昨年10月の第1回に引き続き,今年度第2回の外部講師による進路ガイダンスを実施しました。生徒は自己の進路目標を中心に据えて,5つの講座から第一希望の講座を選び,一人一役を担いつつそれぞれの講座に参加しました。

〇第1講座 金融事務職   講師 : 広島市信用組合 審査部 部長 山出  寛 様

〇第2講座 一般事務職   講師 : 日本郵便株式会社 中国支社  総務人事部(採用担当)専門役 吉武 幸郎 様

〇第3講座 サービス職   講師 : 株式会社ホテルグランヴィア広島  総務部 総務課      副課長 空本 祐治 様 宿泊部フロントサービスグループ 織田  和  様

〇第4講座 生産技能職  講師 : 日新製鋼株式会社 呉製鉄所 総務部人事チーム サブリーダー松田 拓 様


〇第5講座 教育職  講師 : 広島経済大学 経済学部・教養教育学部 教授 餅川 正雄 様

 6人の先生方は,それぞれの職場で経験されてきたことを具体的に話していただくとともに,働くことの意義・意味を分かりやすく,また情熱を込めてお話しいただきました。その中で,生徒一人ひとりは今後の進路について真剣に考え,正しい職業観につなげることができました。生徒たちは,『今回の進路ガイダンスで話してくださったことを参考にしながら,将来の目標に向かって頑張っていきたいと思います。』と感想を述べています。講師の先生方には,誠にお忙しい中,ご来校いただき,貴重なご講演をいただきましたこと,生徒と共に心より感謝しています。

H30.2.15  金融ゼミナール

 広島市信用組合 審査部長 山出 寛様を講師にお迎えして、第1回金融ゼミナールを開講しました。

 金融関係の仕事に興味がある2年生を対象に信用組合の概要や日々の業務について詳しくお話を伺いました。生徒21名の参加がありました。金融の仕事を通じて、企業を活性化させることで地域を支えておられる広島市信用組合様の取組から、金融の仕事について理解を深めました。

H30.2.9  第38回 ロードレース大会

 寒さもひと段落し,穏やかな気候の中ロードレース大会を実施しました。
○START

○校庭を出て学校の周りを女子は2周,男子は4周走ります。

○GOAL

○今年は,PTAの皆さまからコーンスープの差し入れをいただきました。

○走り終えた生徒たちの身も心も温まりました。

 午後からは表彰式を行い,上位10名の生徒に賞状を授与しました。
○1年生女子の部

○2年生女子の部

○1・2年生男子の部

上位3名の生徒には,PTAからメダルが授与されました。

H30.2.8  1・2学年政治的教養の教育LHR

 呉市議会副議長の渡辺一照様をはじめ,呉市議会常任委員会(産業建設委員会)の皆さまを講師にお迎えし,呉市議会報告会を行いました。
 生徒に「毎日の生活とまちの政治はつながっている」ことを知ってもらい,市政に対する興味・関心を促し,政治参加につなげていくことを目的として実施しました。

市議会のしくみや議員の活動内容などを報告していただいた後,生徒との意見交流会を行いました。

 意見交流会では,呉SOGO跡地再生問題や,議員になったきっかけなど,幅広く活発な意見交流が行われました。生徒の質問に対し,優しく(易しく)応えていただき,生徒の政治に対する意識も少し変わったようです。

あなたの関心が呉をよくする
政治は,毎日の生活そのもの
みんなで選挙に行こう!

H30.2.1  日商簿記検定2級講座

 2年会計科の生徒を対象に広島会計学院専門学校から講師を迎え「日商簿記検定2級講座」を実施しました。

○実施日
平成30年2月1日(木)商業簿記
平成30年2月5日(月)工業簿記
○講 師
広島会計学院専門学校
 石田 貞広 様(商業簿記)
 村上 一彦 様(工業簿記)

 これまで学んできた簿記や会計・原価計算の知識や技術をもとに,2月25日(日)に実施される 日本商工会議所主催簿記検定試験2級の取得に向けて意欲をもたせるとともに, さらに高度な知識や技術の習得及び個々の進路を確かなものにするために生徒は真剣に学習に取り組みました。